魚の感想

twitterの外付けの感想置き場として使っています。

オタクじゃない友人がジョジョの奇妙な冒険を読んだ感想の感想

こんにちは、ジョジョは2部が一番すきな魚の精巣です。

最近ジョジョにはまった友人の話を聞いて色々と考えさせられることがあったので、今日はそれについて書いていこうと思います。ジョジョ2~6部のネタバレがあります

 

 

そもそもジョジョを知らなかった友人A

僕はアニメやマンガが好きなタイプのオタクです。ツイッターで、突然アニメの話をはじめたり下手くそな絵をアップすることを生きがいとしています。僕のようなタイプのオタクが全員そうというわけではありませんが、ジョジョの奇妙な冒険が好きです(1~8部まで全部面白いんですが、個人的には2部が一番好きです。ジョセフの性格とかラストのカーズ戦とか最高でしょ)。

ジョジョは面白いこと以外にも、とにかくネットでネタにされることが多い作品でもありますよね、要はジョジョネタです。ジョジョネタはネットに溢れているので、オタク文化圏で生きているかぎりジョジョネタに全く触れずに生きていくことは不可能でしょう。「俺ジョジョとか読んだことないわ~」って変に強気で主張しちゃうオタクでも、ジョジョネタの一つや二つは知っていると思います。

ここから友人Aの話をします。

僕の友人Aはオタクではありません。1番面白いマンガはワンピースだと信じて疑わず、オタクというものに若干の嫌悪感を持ち、Youtuberが大好きです。ジョジョ」という単語自体は有名なので知っていますが、ストーリーを全く知らないのはもちろん、オタクでもないのでジョジョネタすら理解できません。僕が「コォォォォォ!!」と波紋の呼吸をしてみても「なにそれ?ダースベイダー?」とか言ってきます。

僕が「ジョジョ超おもしろいから読んで!絶対損しないから!」と強くオススメしても「どこから読めばいいか分からない」「絵が古くて気持ち悪い」「なんとなく面白くなさそう」「ワンピースの方が面白い」と言ってずっと聞く耳持たずでした。

 

〇 友人Aは吉良吉影が好き

そんな彼がある日言いました。

「昨日ジョジョ見た!なんか面白かったかも!!」

「マジか!4部か?どんなヤツと戦ってた!?」

「なんか時間を巻き戻すヤツと戦ってた!!」

「ええーーー!!最終盤!!?」

その時は、そこから僕の怒涛の解説が始まりました。そいつは吉良吉影で…キラークイーンは3つも爆弾を使えて…仗助が主人公で…承太郎は3部で…(友人Aはオタク語りにも興味津々でした。き、気持ちイイ…)。

たまたまテレビでやっていたのを見て、まさかの4部ラスボス戦からジョジョを見始めた友人A。彼はバイツァ・ダストの話の緻密さと吉良吉影の独特の気持ち悪さが気に入ったらしく、そこからジョジョにのめり込んでいきました。夜な夜なネカフェへマンガを読みに行く姿はまさにスターダストクルセイダース。どんなに睡眠時間を削られても彼の心は砕けない。こうして「友人A」はYoutuberよりも『スタンド使い』に憧れるようになったのだ!

 

〇 友人A「5部はあんまり面白くない」

友人Aはジョジョに関する予備知識がないので、ネットの意見に流されない自分だけのフラットな感想と意見を持っていました。

まず読む順番が4→3→2→5→6部とかなり自由です。「1部読めよ!」と思いますよね、僕もそう言ったら「1部は絵が古すぎてまだ無理」だそうです。やはり絵への抵抗感はかなり強いみたいでした。でも普通1部から始まってたら1部から読むだろ?誰だってそうする。俺だってそうする。

ここからは部ごとに彼の感想を列挙します。あくまで友人Aの主観的な感想です。

  • 4部 一番面白い。吉良吉影みたいなキャラはいままで見たことない。
  • 3部 かなり面白い。最後に条太郎が時を止めるのは分かってた(←そりゃそうだろ)けど面白かった。
  • 2部 スタンドが出ないけど結構面白いと思う。最後のカーズ戦は良かった。
  • 5部 主人公が最後に覚醒する展開はワンパターンだった。ラスボスの能力も分かりにくい。あんまり面白くない。
  • 6部 世界が一周するくだりが意味不明だった。エンポリオに泣かされたラストは最高。
  • 7部 これから読むけど、なんか面白くなさそう。

「5部はあんまり面白くない」とバッサリだったのが衝撃的でした。僕はブチャラティが好きなので、「なんでや!ブチャラティかっこいいやろ!!」と吠えたら「あの牛みたいな服の人はかっこよかったけど最後の展開はワンパターン」だそうです。牛みたいな服の人って…。

また、確かにネットで予備知識を何も得ないと、メイド・イン・ヘヴンキング・クリムゾンの能力はちょっと分かりにくくて拒否反応がでるのかもしれません。僕も分かんなくて調べましたもん。

 

〇 ひとに何かを勧めるときは…

彼の感想を聞いて、自分のなかに「ジョジョは面白い!ネットでもみんなそう言ってるから間違いない!」と思いこんでいた部分があったことに気付きました。そしてその思い込みを僕は友人Aに押し付け、彼はそんな僕に抵抗感を覚え、結果的に彼を名作から遠ざけてしまっていました。あの夜、彼がたまたま4部のアニメを見ていなかったらと思うと、ジョジョのアニメ化本当にありがとう!!って感じです。

ひとは押し付けでは行動しないのです。これからはひとに何かを勧めるときは「いいよいいよ!」ではなく「これ見てよ」と物を貸して体験させることが効果的だと思います。昔のオタクは布教用を買っていましたが、まさにアレが効果的なのです!(今あんまり聞きませんよね)

また、友人Aと話して、自分が作品を見るときにネットでの評価を気にしていて良くないことに気付きました。そんなことにやっと気付くとは、なんて遠い回り道…。彼には早くスティール・ボール・ランを読んでまた感想を聞かせてほしいです。

あとジョジョリオンはすこし4部のあの空気感が混じっていて面白いですよね。

以上、感想でした。