魚の感想

twitterの外付けの感想置き場として使っています。

ジュラシック・ワールドの感想

感想の前にちょっと語る

ジュラシック・パークというのは罪深い映画である。

コハクの中に閉じ込められた蚊が吸った血液から、絶滅した恐竜のDNAを取り出して復活させるというアイデアは、原作者のマイケル・クライトンの完全な妄想ではなく、当時の古代DNA研究者へインタビューした内容から着想を広げたものであり、それゆえにリアルさのある素晴らしいSF的発想であった。

恐竜復活アイデアの現実味だけではなく、映画「ジュラシック・パーク」がアメリカ全土に公開される前日に、ネイチャー誌が中生代のゾウリムシの一種のDNAをコハクの中から得ることに成功したという論文を掲載する(1993年6月10日)という、今で言う“匂わせ”をして世間ウケを狙ったことは、「コハクの中から恐竜のDNAを取れば恐竜を復活させることができる」という夢を人々に抱かせるには充分だっただろう。

 

夢見る少年・少女だった我々は、大人になるにつれてジュラシック・パークの中の「嘘」に直面することになる。

仮に恐竜のDNAを手に入れたとしても6,500万年の年月ではDNAは劣化していてほとんど使い物にならない。足りないDNAの部分は他の生物で埋め合わせるというのがジュラシック・パークのアイデアだが、その方法とは何か……。そもそも手に入れたDNAが恐竜のDNAだと証明する方法が無いのである。

それに、ディロフォサウルスはエリマキトカゲみたいじゃないし、プロレスラーみたいに毒を飛ばしたりもしない。あとヴェロキラプトルはあんなに大きくない。

 

大雨の中でティラノサウルスTレックス)が車を襲うシーンの撮影をした後、スピルバーグが「この映画の主役はTレックスだから最後にTレックスを出さなきゃ!」と言ったせいで、ラストシーンで唐突にTレックスがラプトルに食ってかかる(文字通り食ってかかった)ことになってから約30年。僕らのTレックス像は不可侵領域に入ってしまっている。

Tレックスはこうあるべき」という思想のせいで、ジュラシック・パーク3Tレックスがスピノサウルスに負けたことに納得できなくなったりしているのだ。

 

そんな主役のTレックスについて、現実では、トカゲのようなウロコボディではなく羽毛が生えていたのではないかという議論があったが、まだ完全な決着がついていない。羽毛がモフモフだったことはないにしても、一部に毛が生えていた可能性も否定できないのが最近の説らしい。

これから先、従来のTレックスの造形を本格的に見直す必要が出た時、我々は素直に認識をアップデートできるのだろうか?

 

僕らはジュラシック・パークの夢の恐竜と、最新研究で明らかになっていく本当の恐竜との間のギャップに苦しめられているいい年した大人なのである。

そんな元恐竜キッズはジュラシックシリーズの最新作であり完結作である「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」を見てどういう感情になるのだろうか、少し怖い気もしたが、公開日に見にいった。

 

感想

結論として、まず恐かった。

日常生活の中で事故的に恐竜と出くわすことの恐ろしさがよく分かった。街の中でキックボードに乗っていたらいきなり食われるのとか嫌すぎる。

 

それにオーウェンさんが強すぎる。なぜ回を増すごとにゴリラ化していくのか。

あと、恐竜が正面を向いて目の前でバクンッ! というカットが多い。3D映像のアトラクションみたいだ。ビビリな僕は割とビクンビクンしていた。

 

ディテールを挙げるとネタバレになってしまうので書かないが、全体を通して「ちゃんと最新の恐竜トレンドを勉強したよ。それを分かってて俺たちはこれを出すぜ! だってお前らジュラシック・パークが大好きなんだろ!?」という感じだった。制作側は絶対に分かってやっている。

〇〇サウルスは絶対そんなことしないだろ! そいつ恐竜じゃなくてワニの仲間だろ! お前ら“これ”を出したいだけだろ! となったところがいっぱいあった。

 

だが、アホぶる一方でビジュアル的に華があるトレンド恐竜を出してきたりもするので、最新の研究内容等を絶対分かっててやってるはずなのだ、確信犯のはずだ。

特にTレックスが〇〇〇〇を食べるところとかは最新の学説を知っていないと出せない。分かっててやってやがるのだ、間違いと分かってて〇〇サウルスを出しやがった! しかも3体も!

 

我々が悩み続けてきた理想と現実の恐竜のギャップに対して「最新の研究成果の美味しいところだけ貰っていくが、“ジュラシック”は“ジュラシック”の恐竜で行くぜ」というメッセージを感じた。

それに対してジュラシック・パークで色々こじらせてしまった大人達には良い処方箋かもしれないという思いと、また苦しむ恐竜キッズが増えちゃうじゃないか! といういい加減にしてほしい気持ちが両方生まれた。

やはりジュラシック・パークは罪深い映画である。そして僕らをドキドキさせてくれるのだ。

 

総評

ダラダラ書きすぎた……申し訳ないので以下短く総評。

新規性のあるSF的なアイデアは無いのでSFで満たされるタイプの満足感は得られない。ただ、恐竜映画としては革新的な恐竜を出しているので、そこはよくぞやってくれたという感じ。

基本的にジュラシックシリーズのお祭り的な映画である。

ジュラシック・パークの1作目を見直して行くとより楽しめるかもしれない。ジュラシックシリーズが好きなら、恐竜の声とか大画面を楽しむために絶対映画館で見といた方が良い。

僕は好きです。

 

2つ目の階段

仕事で出向いている会社のビルを登る時、まだ夏の暑さが気にならなかった時期は、ビルの階段を使っていた。健康診断の結果もあまり良くなかったし、少しは運動しておかないといけない。

 

そのビルの階段は暗い。照明は各階の表示灯になっている蛍光灯と、非常口の緑色の光しかない。

空気も悪い。1階のエントランスからの入り口も含めて全ての階の出入り口がドアで締め切られているからだ。空調も無い。

でも意外に人の出入りは多い。人とギリギリすれ違えるくらいの狭い階段なので、すれ違う場合は気を遣って少し身をよじる必要がある。

 

ビルのエントランスにはその階段のドアがあるわけだが、そのドアの近くにも似たようなドアがある。

会社の人に「こっちのドアの向こうはなんですか?」と聞いたら「そこは階段だよ」と言われたので混乱してしまった。そのドアを開けると確かに階段が出てきた。まるでもう一つの階段をコピーしたような階段が光量の足りない薄緑色に照らされている。

最初は全く同じ階段に見えたので、1つ目の階段に繋がる別のドアなのかと思ったがそんなことは無かった。このビルに2つ目の階段があるということを、この時初めて知ったのだった。

 

あまり大きなビルではないのに2つも階段があるのは不思議に思ったが、おそらく建築法みたいな法律で2個作ることが決められているのだろう。それにしても2つの階段の距離が近い気がする。

 

ところで、僕は2つ目の階段をまだ使っていない。なぜか2つ目の階段を使う気分にならなくて、そのうち真夏になってしまい暑くてエレベーターを使うようになってしまった。なぜ不思議がっていたのに「今日は試しにこっちの階段を使ってみるか」という気分にさえならなかったのか、それは分からない。

 

もう一つ奇妙なことは、オフィスのあるフロアから階段につながっているドアがどれか分からないということだ。

当然、僕が知らないというだけで、探せばあるのだろうが、逆に探しても無かった場合どうすればいいのだろうか。

 

僕は2つ目の階段の入り口を少し覗いてみただけなので、2つ目の階段の先に何があるのか知らない。

エントランスにある2つ目の階段を上った先にあるのはいつものオフィスなのだろうか。ひょっとしたらその先にあるのもコピーされた何かかもしれない。

そんなことないか。

生物多様性の本を読んで働かせた妄想の雑記

生物多様性についての本の中に、絶滅危惧種の人工繁殖の話があって興味深かった。絶滅危惧種の人工繁殖といえばトキを思い起こすことが多いと思う。日本産のトキの人工繁殖は最後に残された6羽で取り組まれたのだが、失敗し、日本産のトキは絶滅してしまった。現在、佐渡で人工繁殖されているのは中国産のトキである。

このことはなんとなく知っていたのだが、インターネッツでトキについてもうちょっと調べてみたら、順調に増えて野生に返された結果、田んぼを踏み荒らすなど元々の害鳥としてのポテンシャルを発揮し始めたという話が面白かった。

 

日本産のトキの失敗は6羽という少なさだったらしょうがないという気持ちになるが、世界では同じような状況から復活した種もいるらしい。

 

モーリシャスモーリシャスチョウゲンボウという鳥は、トキと同じく6羽(しかも2羽は繁殖能力が無かったらしい)しか残っておらず「もう絶滅は確実なのだから、資金と手間を別の種類の鳥の保護に投じた方がいい」なんて意見が出たらしいが、奇跡的に復活して2005年の生息個体は800〜1,000羽になったらしい。

 

ニュージーランドのヒタキという鳥も、人工繁殖のために残されたのは3羽のオスと2羽のメスだけ、しかもメスのうち有精卵を産めるのは1羽だけで、その1羽はおばあちゃんという壮絶な状況から個数を回復させて、250〜300羽になっているらしい。300羽全てが1羽のイブ(ババアのイブ)の子孫ということになる。すごい話だ。

 

鳥のこういう人工繁殖の話を知っていくと、アダムとイブの話もあながち間違いではないような気がしてくる。人間は最初は1組のペアから始まっていてもおかしくないかもしれない。

 

そうだ、SF的に妄想を広げていこう。

サルからヒトへ進化した時の中間であるミッシングリンクはまだ見つかっていないという。それをいいことにSF界ではミッシングリンクを埋めるための様々な舞台装置が用意されているものだ。今回僕が妄想したのは、人間が絶滅に瀕した時に高次の存在がヒトを人工繁殖し、ヒトの個体数を回復させたという舞台装置である。

 

つまり、今の人間が鳥に行っていることを高次存在が過去に行っていたのだ。そして地球をヒトの保護区にしている。これがアダムとイブのような神話の名残りとなっているし、ミッシングリンクが見つからない(個体数が絶滅間際だったので見つかりにくい)原因なのである。

高次存在がヒトを保護する目的は何か? それはそのまま我々人間が生物多様性を守る理由だろう。そして人間がある程度のレベルに達した時、我々は高次存在に何かしらのサービスの提供を求められるのかもしれない…。

 

という、「幼年期の終り」と「星を継ぐもの」のパクリのような妄想をした。

 

 

 

 

 

 

 

ボクシング、日本の人勝ったなぁ日記

職場の人が「今日のボクシングはアマゾンプライム入ってるなら見とくべき」と言うので職場での話題に困っている僕は正直全然興味の無いボクシングを見ることにした(ライブじゃなくてアーカイブで)。

 

ちなみに僕のボクシング知識は、だいたいのルールと、刃牙はボクシングには蹴り技が無いと思っていた時期があるということぐらいで、選手の名前とかは全然分からない。

 

アマゾンの番組は全部で2時間以上あったので流石に全部見るのは辛い。とりあえず半分までスクロールしたら日本人同士が試合をしていた。

日本人対外国人のはずなのでなんか違う。一度に何試合かやるのかな? 

もう少しスクロールしたら、また日本人同士で試合していた。まだ違うのか。

少しずつスクロールしていったら、いきなり日本人が勝って外国人が負けてる場面が出てきた。早いなぁ……

 

少しさかのぼったら試合は5分くらいで終わっていた、早い。すごくコスパの良い試合だなとぶっちゃけ思った。それにしても早い、vtuberの切り抜き動画ですらもうちょっと長いのがいっぱいあるぞ。

 

結果は分かったのだが、ちゃんと試合開始から見てみた。

どうやら相手はフィリピンの選手らしい、フィリピンといえばキックボクシングやムエタイのイメージだし、ボクシングも強そうだ、日本人勝ててよかった。

 

フィリピンの選手はベルトを1本持っているらしかった。日本の選手はベルトを2本持っていたので、実力的には日本の選手の方が上だったのだろう。

ところでこの場合、もしもフィリピンの選手が勝っていたら2本のベルトのうちどちらか好きな方を持っていかれるのだろうか? それとも2本とも持っていかれるのだろうか? そこらへんがイマイチ分からない。

 

試合の内容を見たが、「達人同士の戦いは素人が見てもよく分からない」というのはこういう事かという感じで、何が起きているのか全く分からなかった。気付いたらフィリピンの選手が倒れていた。

 

なんか「シュッ! シュッ!」って言いながら殴っていたと思う。あれは口で言ってる音だよね? パンチが空気を切り裂いてあんなにデカイ音が出ているわけじゃないよね? 口だよね?

 

試合の後、フィリピンの選手がたくさんおじぎをしていた。日本の選手は相手のところまで行って、手を合わせたおじぎをしていた。それも印象的だった。

 

明日僕は何と言って話題を作ろうか? 2時間あったけど5分でしたね! とか言ったら機嫌を悪くされるだろうか、良くされるだろうか。イマイチ分からない。

試験勉強ログ5月20日

今日やったこと

  • 背表紙をなでた

 

明日、午後試験が朝からあるので(午後試験なのに朝からだ、まぎらわしい)、今回で試験勉強ログは終わりである。

 

明日は久留米でラーメンを食べて帰る。絶対にだ。

 

もしかしたら普通に落ちるかもしれないが、今まで張りに張ってきた予防線のお陰であまりプレッシャーもない。6時半起きなのに深夜1時にブログを書いているくらいだ。

 

結果がどうなったとしても、2年前に買って放置していた参考書や問題集を読めたのは良かったと思う。

 

見切り発車した2年前の自分と元気が無かった2年間の自分に、ちゃんと読むから安心していいよと伝えてあげたい。

 

これで落ちたら本を読んだ意味も無くなるとか、ある時期の自分は考えていたが、今はそういうことはあまり考えないようにしている。

本なんて役に立つとは限らないし、本はそれで良いのだ。

 

試験もそう。落ちる時は落ちる。無駄になる。でも勉強した事は残る。

まぁとりあえずそれで良いよ、1回目だし……そもそもIT系の分野とか嫌いだし……でもここまでやったし、もうそれで良いや。

 

あと、このブログの試験勉強ログは今回で終わりだが、実際には落ちたらまた勉強しないといけないし、受かったら受かったで次は応用情報技術者試験を受けなければならないらしい……全然終わらない。

結局明日で全部終わりじゃないのだ。そういう意味でも少し気が楽だ。

 

でもブログに書くのはやらないと思う。僕のブログが勉強した日記ばかりになってしまうから。

これからの勉強してるアピールは、ちょこちょこツイッターで呟くくらいになると思う。

 

最後に、参考書と問題集の背表紙を撫でて眠る。

 

こうすることで本の背表紙から滲み出る知識をすくい取ることができるのだ。

試験勉強ログ5月18日

今日やったこと

  • ソフトウェア設計
  • マネジメント

 

労働が邪魔である。

普通に考えて22時とかまで仕事をした後に勉強するものではない(これ、1ヶ月前くらいにも書いてるんだろうな)。

 

労働さえ無ければ今頃自信満々に問題を解いていたのだろうが、とにかく時間がない。

もう仕方ない。やれるだけやろう。

 

実際、あと木曜日と金曜日しかない。

そして労働は2日間とも22時くらいまであるだろう……う〜ん、この……

 

ちなみに今日は1時間くらいゲームもした。

「ゲームするなよ!」と言わないで欲しい、ゲームの時間なんてたかが1,2時間だ。

それに比べて労働ときたら10何時間も僕を拘束するのだ。

 

拘束時間から考えればゲームよりも労働の方が勉強時間を奪っていることは明白である。

なので、試験に落ちたら労働のせいにできる。労働のせいだ。全て労働が悪い。

 

最近は、試験が終わった後のことをよく考えている。

 

とりあえず試験会場が久留米なので、ラーメン食べて帰ろうと思う。

 

あと、仕事に関係しない全然別の資格を勉強するのも面白いかもしれないので色々計画中だ。

でも今回みたいに定期的にブログでまとめたりはしないかも……試験勉強ログは今回っきりにする。

試験勉強ログ5月15日

今日やったこと

  • 情報セキュリティ
  • ハードウェア・ソフトウェア
  • データベース
  • ネットワーク

 

今日というか土日でやったことになる。

長文問題をひたすら解いた。

今週が最後の土日なので、とにかく追い込みをかけねば……(午後試験は5/21(土)の朝9時からなので、土曜はほとんど勉強時間がないのだ)

 

一気に問題を解いていくと、得意な系統と苦手な系統の問題があることに気付いた。

得意な問題だけ出てくれ、頼む。

 

ちなみに午後試験は選択式なので、上に書いた内容を全て解答する必要は無い(例えば「ネットワーク」は選択しないでもよかったりする)。

 

なので、時間が無いのであればヤマを張るのも有効なのだが、ヤマ張りは失敗するイメージが個人的にあるので、こういう選択形式の問題は一応全部勉強するようにしている。

 

なんというか、そっちの方が分かる問題に出会える確率が上がる気がするのだ。

 

あと今日は初めてコメダコーヒーでコーヒーを加糖にしたら超甘くてビックリした。