魚の感想

twitterの外付けの感想置き場として使っています。

ワックスを付けてくる美容師と、付けない僕は宮藤芳佳

こんばんは、定期的におばあちゃんが服を買ってくれる魚の精巣です。

 

いくら身だしなみに疎い人間でも、頭皮が健康である限り髪は伸び続けます。伸ばしっぱなしにした髪が自分の視界を遮り始め、顔中が常にチクチクするようになっしまったので、この前美容院に行くことにしました。

 

 

美容師はエスパー

僕のような大学時代に自分で髪を切ってコスパを考えるなら自分で切るのが正解」とか言っていた(今も言う)人間にとって、美容院は完全にアウェイです。

 

キョドりながら回転椅子に座ると、鏡台の前に雑誌を置かれます。だいたい旅雑誌とか便利グッズ特集の雑誌とか置かれます。美容院だからオシャレ雑誌とかも存在しているはずなのに、なぜ日曜日のお父さんが喜びそうな雑誌を置かれるのか、不思議ですね……きっと美容師は僕から何かを感じ取るんでしょうね。

 

美容師との会話

そしたら「今日どんな感じですか?」の一言をゴング代わりに美容師とのトークバトルが始まるわけですが、「全体的に短めで……」の軽いジャブで返します。髪が伸びたから切りに来たのに「どうします?」なんて聞かれても「切ってください」としか言えなくないですか?

 

髪を切ってもらっている間はひたすら雑誌の隅から隅まで目を通していきます、なるべく時間をかけて……ゆっくりと……そうしていると美容師が話しかけてくるのが常です。美容師という職種はバーテン、アパレル店員と同じようにとにかく話しかけてきますよね、なんででしょうね。

 

これは美容師に限った話ではなく、こういうお店の人は初めに「どこの出身なんですか?」とか「お仕事はなんですか?」って聞いてきます。これに例えば「IT系の仕事です」と答えると「IT系ですか? すごいですね! どんな仕事なんですか?」とか返してきます。

 

えっ、どんな仕事かも知らないのに“すごい”とか言ってきたよこの人……とか思ってはいけません。とりあえず褒めるのは一種の会話テクニックだからです。

 

こういう風に最初は一問一答形式で会話が進んで行きます。

 

そして会話の中に付け入るスキ、例えば「1番下なんで飲み会の幹事とか辛いですねー」みたいなことを言うと「幹事の仕事辛いよねぇ〜俺も昔はサラリーマンやっててさぁ……」みたいに、関連した自分の話で一気に広げてきます。

 

気付けば相手だけタメ口。一気に距離詰めてきたコイツ……とか思ってはいけません。タメ口を使うことで距離感を縮める会話テクニックなのです。

 

一問一答からの自分語り。美容師みたいなとにかく話かけてくる職業、このパターンが多いなぁと最近気付きました。この方法、どこかで使えそう。

 

美容師、ワックス使わせたさ過ぎ問題

さて、何気ない会話からちょっと打ち解けてきた(と相手が思っている)ところで、僕はいつもだいたい同じことを言われます。

「普段ワックス使わないの?」

僕はワックス使いません。ワックス使うことになぜかめちゃくちゃ抵抗感がある。あとシーブリーズを体に塗ることにも抵抗感がある。 

「ワックス使わないのかぁ……女性はともかく、男性はワックス使わないとうまく整わないよ?」

「ん〜まぁでも、短ければ会社ではそれでいいので大丈夫かと……」

「ちょっと今回ワックス使わせてもらってもいい!?」

「あっハイ……」

 

ひとの話聞いてぇ〜!!

さっきまで散々一問一答してたのに、なんでここだけ聞かないの!?

 

これ、どこの美容院行っても毎回言われるんですよね「ワックス付けた方がいいよ! ちょっと付けるね!」って……ワックス付けたくないのになんで付ける方向に話進めちゃうかなぁ!? もっと強くワックスを否定できればいいんですけど、そんなこと会って数十分の人に出来ません。NOと言えない日本人発動。

 

「まず全体に馴染ませて〜」

めっちゃ丁寧にレクチャーしてくれる。ありがてぇ、でも自分で付ける気ゼロなんだけどな……。

「そして動きをつけたいところだけ上げる。ねっ簡単でしょ?」

確かに簡単。でもごめんなさい、やっぱちょっと面倒くさいです。付けたくないです……。

 

そのあと少し整えて、あの美容院でしか見たことがない後ろ髪まで見える鏡で確認されます。

「いかがですか?」

「あっハイ。大丈夫です」

NOと言えない日本人発動。

 

結局、僕の頭は軽くワックスを付けられてちょっとギトギトした頭になってしまいました。美容師ってなんであんなにワックス使わせようとしてくるの?

でも最初の原始人みたいな頭に比べると、ちょっとカッコイイ髪型になってるかもしれない(もともとの素材はともかく)確かにワックスって大事なんでしょうね……。

 

オシャレ説教タイム

「やっぱり、ワックスとかつけて整えないと男性は決まらないからね」

「こっちとしても、ワックスつけてもらわないとあんまり切りごたえがないからさ」

「ワックスに抵抗あるの? でもそれって食わず嫌いみたいなものでしょ?」

「日常的にワックスの付け方とかを練習してないと、いざっていうとき困るよ」

「別に高いものを買えって言ってるわけじゃなくって、自分に合ったものとか、いろんな種類を試したりしてほしいな」

「何事もそうだけど、やらないと何も始まらないよ。とにかくやってみないと何も分からないんじゃないかな?」

 

オシャレ説教きっつ~!!

散髪終わってから会計までにそこまで言う!? ワックスの話だったのに人生観みたいなところまで話飛んでっちゃったよ!!

 

しかし、実際目の前で実演してもらって、カッコイイ髪型にしてもらっているので説得感があります。ごめんなさいホント、ちゃんと身だしなみに気を付けます。だからそれ以上言わないで……。

 

その日はそのまま友人Aとご飯に行ったので、あれだけ美容師さんから言われたのに結局ワックスは買わずに帰ってしまいました。

ちなみに友人Aには特になにも言われなかった。

 

次の日起きたら宮藤芳佳さんになってた

友人Aと飲んで、家に帰って、寝て、起きたら昨日カッコよく切ってもらった頭が宮藤芳佳さんみたいな髪型になっていました。宮藤芳佳さんみたいだけど顔は汚いオッサンなので魔物です。魔女じゃなくて魔物です。寝ぐせか? と思って頑張って水で直しても全く直らない。やべぇ! なんだこの外ハネ、直らねぇ! 昨日のカッコイイ髪型どこ行った!?

f:id:shirako_dayo:20180804142249j:plain

・「ワールドウィッチーズ」公式サイト(http://w-witch.jp/)から持ってきました。本物の芳佳ちゃんはカワイイ

 

横の髪が妙に長くて、その下は刈りあげられているので、必然的に宮藤芳佳さんみたいに跳ねる……あの美容師、ワックスがないと変な髪型になる切り方をしやがったな……!! というかもしかして「ワックスとかつけて整えないと男性は決まらないからね」って、あの人がワックス付けてもらわないと変になる髪型にしかできないのでは……なぁ~にが「こっちとしても、ワックスつけてもらわないとあんまり切りごたえがないからさ」だよ! お前の”やりがい”なんて知ったことかよッ!!

 

 

よく考えたら、こっちはお金払って髪を切ってほしいだけだったのに、なんで馴れ馴れしく話しかけられて、さらには説教までさせられたんだ? 説教オジサンを相手にするキャバ嬢ですらお金をもらって説教を聞いてやっているのに、なんであの美容師は僕からお金もらって説教を聞かせてたわけ? クッソ~「やらないと何も始まらないよ。とにかくやってみないと何も分からないんじゃないかな?」じゃねぇよ!「だからなんなの!!!」だよこっちはよ!!

 

こんな感じで朝から意味もなくキレてしまい、やっぱりちょっと美容院という場所、そして美容師、恐ろしいな……と思ったのでした。ちなみにワックス買ってません、もう宮藤芳佳さんで会社とか行ってます。

 

以上です。

みんなも、ワックスとか付けない人は美容師にしっかりと意思表示しましょうね。

 

どうでもいい感想

公式サイトの手の形、なんかエロくね?

f:id:shirako_dayo:20180804142310j:plain